外国人実習生の受入れ・支援・提供なら埼玉県新座市の亜細亜人材支援協同組合本部

当組合は貴社の人材の諸問題を解決することに尽力し、アジアの国々を結ぶ架け橋となります

トップバナー

ホーム ≫ 外国人技能実習生について ≫

外国人技能実習生について

技能実習生の活用をご検討ください

実習生
当組合と提携している送り出し機関では、既に介護分野の技能実習を目指す生徒の面接を行い、優秀な人材を選出して教育を始めており、その合格者のみを実習生として送り出します。

介護士としての合格基準は、日本語能力試験N4程度とし、かつ介護分野での適性を判断しております。
N4とは基本的な日本語を理解することができるレベルです。
かつ、日本国内の当組合の教室で約2ヶ月間の講習を行い、更なるレベルアップや生活習慣などをしっかりと教えてから配属いたします。

外国人技能実習生の様子

母国の送り出し機関で約4ヶ月間の日本語と知識をしっかり勉強します
入国後も1日8時間、4週間の日本語・習慣等をしっかり勉強します
2017年度、介護での技能実習生の受入れがスタートします

配属までの流れ

まずは当組合までお問い合わせください。
お申込みから実習生配属までの流れはこちら。
※画像をクリックで拡大します

お問い合わせはこちら

〒352-0011
埼玉県新座市野火止1丁目13-15 孝(TAKASHI)ビル1階
[営業時間] 9:00 〜 18:00(日曜定休)
[tel]048-423-3087
[fax]048-423-8871
亜細亜人材支援協同組合

亜細亜人材支援協同組合


〒352-0011

埼玉県新座市野火止1丁目13-15 孝(TAKASHI)ビル1階

電話 048-423-3087

受付 9:00〜18:00(日曜定休)


モバイルサイト

亜細亜人材支援協同組合スマホサイトQRコード

亜細亜人材支援協同組合モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!